冷たくなったおかゆをまたいだ猫

のめり込んで自転車をこぐ彼と暑い日差し

ちょっと「竜巻」に関して考えてみようよ。さほど難しい事って無いと思うんだよ、「悲しみ」に関してはね。
  • HOME

暑い週末の明け方は昔を思い出す

太宰の人間失格を全部読み終わって、主人公の葉ちゃんの気持ちも共有できるな〜感じた。
葉ちゃんは、人間なら誰でも持っている感覚を、多く抱えている。
それを、自分自身に隠さないでお酒だったり異性だったりで解消させる。
終盤で、バーのママが「葉ちゃんは飲んでも飲まなくてもいい子だよ」と言う。
その部分で、葉ちゃんは不器用なんだろうなと、絶対気の毒になってしまう。

そよ風の吹く仏滅の午後はカクテルを
「とにかくこうで当然だ!」など、自分自身の価値観だけで他人を判断するのは悪ではないと思う。
だけど、世間にはジェンダーと言われるものが人の周辺にまとわりついてくる。
これらを頭に置いておけば自信を持つのはGOODだけど、強く反対するのはどうなんだろう?と思う。
まあ、これも一意見でしかないんだけれど。
つらい世の中になる可能性のあるかもしれない。

ゆったりと泳ぐ姉ちゃんと僕

急激にインターネットが普及するとは、当時子供だった私は全く想像できていなかった。
品物を扱う商売の方々は今の時代競争が激化するのではないかと考える。
ネットを使って、できるだけ安価な物見つけ出すことが不可能ではないから。
競争が進んだところでこのごろよく見れるようになったのが起業セミナーや情報商材だ。
もう、成功するための手段が売れるようにな時代で、何が何だかピンとこない。
手段と目的がごっちゃになってしてしまいそうだ。

雲が多い木曜の早朝は読書を
だいたいは、至って無地のファッションが好きな私は、かなりビビられるけど。
下着や靴やヘアーアクセサリーまで揃っていて、統一して使いたいと思えば破産しそうだ。
なんとしても、ジルスチュアートは魅力的だ。

前のめりで歌う友人と枯れた森

鹿児島に居住してみて、墓前に日々、生花をしている主婦がわんさかいることに目を丸くした。
老齢の女の人は、連日、墓所に切り花をしていないと、周辺の目が心配らしい。
その日その日、お花をしているから、家計の中の切り花代もすごく大変らしい。
いつも、近くのお歳をめしたの主婦の方は霊前に集まって草花をあげながら、話もしていて、お墓の暗い雰囲気はなく、さながら、人が集う児童公園みたいに明るい雰囲気だ。

じめじめした土曜の早朝に散歩を
私の子供がマルモダンスをおどっている。
私や妻は教えていないけれど、2歳だけど一生懸命まねしている。
テレビの中でマルモのおきての音が流れると、録画映像を見るとだだをこねて泣いている。
保存したものをつけてあげるとエンドレスでずっと休むことなく見ている。
母親からみて、テレビの映像を見ているよりも絵本を見たり、おもちゃなどで遊んだりしているほうがいいと思うけれど、忙しい時はテレビなどにたよってしまう。
少しでも、いっしょに遊んであげたり、本を読んであげたりしようと思う考えている。
大きくなったら必ず離れていくものだから、今のうちにいっしょに遊んでおくのも私の為だ。

雨が上がった週末の昼に熱燗を

今日この頃は、防波堤に釣りに出かけていない。
毎日大変多忙で出かけられないのもあるけれど、たいそう蒸し暑いから、出かけづらいのもあることはある。
それに加え、休憩中によく行く場所を眺めても爆釣の雰囲気が見えないから、釣りに行きたいとは寂しいが思えない。
とても豊富にあがっていたらすぐにでも行きたくなると思う。

夢中で走る家族と壊れた自動販売機
アパレル屋さんってなりたくないなど考えるのは私だけだろうか。
勤務中、職業柄しっかりお洒落をしないと店のイメージにつながる。
私なんて、出張で仕事する時はスーツを着ればいいし、メイクもしてればそれでよし。
遊びに行くときは、自分で満足する格好をすればいいし、家で何かをするときはワンピース一枚でできる。
このことから、おそらく、服を売るなんて商売には、向かないと思う。
服を選んでいると、店員さんが話しかけてきて服の説明やコーディネイトを語ってくれる。
何度買い物に来てもそれに固まってしまい、その場から去ってしまう。
こういった部分も、店員さんって大変と思う大きな理由の一つだ。

ノリノリで踊るあの人と夕焼け

今日この頃、ひとり娘が運動場で遊ばない。
暑くてきついからだろうか、部屋で遊べるものが非常に増えたからか。
わずか前までは、大変運動場に出かけたがっていたのに、ここ最近は、全然出かけたがらない。
考えるに、父親から見て、何も困ることもなく、気にしないがけれど家内はわずかでも気にしている。
けれど、暑い場所で遊ばせるのも心配だ。

一生懸命話す先生と冷めた夕飯
私は前から、素肌がそれほど丈夫じゃないので、気を付けないとかぶれてしまう。
それもあるし、ボディーシャワーの肌に残る感じが気持ち悪い。
でも、寒い季節はかなりぱりぱりになるので、添加物の少ないローションを愛用している。
この品の驚くべき部分は、価格設定が非常に高すぎるところだ。

Copyright (C) 2015 冷たくなったおかゆをまたいだ猫 All Rights Reserved.

Page Top