冷たくなったおかゆをまたいだ猫

雨が降る祝日の夜に窓から

「使命」が好きな人もいるだろうし、嫌いな人もいるだろう。どうでもいいと思っている人だって。あなたが思う「ハンバーグ」って、どうだろう?
  • HOME

雪の降る火曜の昼は昔を思い出す

蝉もおとなしくなった夏の日の夜。
少年は家の縁側に座り、スイカを食べていた。
かじってはスイカの種を外に向けて吐き出していると、ときには種がうまく飛ばずに、自分の体に落ちたりしていた。
傍に置いている蚊取り線香の匂いと、風の無い暑い夜、それと口に広がるスイカの味。
少年はそんな事を堪能しつつ、明日は何をして遊ぼうか、と思っていた。

ひんやりした週末の早朝はゆっくりと
ブームが去った今、ニンテンドーDSにハマっている。
はじめは、DS英単語に英語漬けや英語のゲームソフトを購入していただけのことだった。
だけど、ヤマダ電機でソフトを見ていたら、他の物に目移りしてしまい、いつも購入してしまう。
スーパーマリオやクロスワード、桃太郎電鉄など多数。
変わったソフトで、トラベルシリーズも出ている。
これは、電車内などの少しの時間にも活用できそうだ。

暑い週末の夕方に椅子に座る

晩酌などの酒のお供に、そこそこ健康に良い食材を!と考えている。
ここ最近のおつまみはトマト。
もっと前は秋刀魚。
そして、最近は、ウナギだけれど、お金がかさむのであきらめた。
昨日、新たなおつまみを考え出した。
パック入りの100円しないくらいのエリンギ。
小さく切って、ごま油で炒めて、味の素と醤油を少々ふりかけて整えたもの。
大分お金は低め、カロリーも低い気がしませんか。

暑い大安の夕暮れはお菓子作り
普段、Eくんから送られるE−MAILの内容は、何を言いたいのか何も知ることが出来ない。
飲んでても素面でもいまいち良くわからない。
そう思っていたけれど、彼が仕事の一環で考えたという、製品とおすすめに関する文書を見た。
意味の通じる文書を書いてる!とびっくりした。

具合悪そうに話すあなたと飛行機雲

娘とのふれあいをすると、自分の子供はすごくなついてくれる。
生後、1年までは、会社の業務が大変多忙で、ふれあうことが珍しかったため、珍しくふれあっても慣れてくれなかった。
実の父なんだけどと寂しい思いだったが、会社の業務が忙しいからと甘んじずに、つねに、休みの日に散歩に連れ歩くようにした、抱きしめても、お風呂に入れても笑ってくれるようになった。
今日この頃、出勤で家を出る時、俺が行くことが悲しくて泣いてくれるのがほほがゆるむ。

悲しそうに自転車をこぐあの人とぬるいビール
スタートさせたら、ものにするまでに膨大な時間が必要なものが、世の中にたくさんある。
適切なのが、外国語だと思っている。
実は、韓国語だけは例外で、日本の言葉と同じく、SVOで、尚且つ音が似ているので、わりと習得が早いとか。
韓国語を学んだ友人によると、英語よりはわりと学びやすいので良いと思うよ、とのこと。
ちょっとだけドキドキしたけれど独特な文字はお絵かきにしか見えない。

ノリノリで口笛を吹く彼女と冷たい雨

近所の人がここ最近朝から釣りによくスポットに行ったらしい、夕方までやっても少ししか釣れなかったらしい。
雑魚がいっぱいで、チヌ釣りがしにくかったらしい。
けれども外道だがイノコの50cmオーバーがあげれたらしいから、うらやましい。
いつだったか、わけてもらって自分でさばいて口にしたがたいそううまくって好みだった。
そんなのがいいのが釣れたと知ってしまったら早く行きたくなるが、まだ我慢して今度だ。

薄暗い週末の朝に座ったままで
昔、父も母も、娘の私の友人関係に対し、大いに積極性を強いてきた。
一般より外れてはダメだ、とか。
凄く生きにくい時代だったと考える。
授業が終了すると、毎日のように偽りの自分を嬉しそうに母に告げる。
そうすれば、安心しているのだ。
人と違うと、嫌われる。
常にこればかり怖がっていた学生時代の私と母。
可哀そうな昔だと今は感じる。

風の無い金曜の夜は座ったままで

チカコとNYのアバクロンビーに入った。
まじでアバクロのシンプルなデザインが気に入っている。
それに、入った時の空間デザインと、満ちている匂いが。
2時間くらいみて、アバクロを出た。
気付いたら、私が通路を占領して歩いていたので、ごめんなさい!と言って後ろを見た。
そういえば、店内にいた男性。
笑って、いいえ、など言っていた。
注目したのは、抱えている手荷物。
Abercrombieでいったいどれくらい買い物したの?と聞きたくなった。
次に入店した、スターバックスでチカコとそのお兄さんの職業当てで盛り上がった。
アンサーは謎だ。

風の強い日曜の夕暮れは熱燗を
私の部屋は、クーラーも暖房もついていない。
なので、扇風機と冷たいレモネードを片手に過ごす。
昨日、扇風機を動かそうと考え、弱にしたまま抱えてしまった。
そしたら、扇風機の歯が動かなくなったので「え・・・?」と思い,じっくり見た。
どういうわけか自分で理解しなかったのが、回転の邪魔をしているのは、まさしく自分の人差指だった。
ゆっくり抜くと、また歯車は回転を始め、邪魔をしていたその指からは出血した。
まったく痛みも感じなかったが、しっかりしようと心に留めといた。

Copyright (C) 2015 冷たくなったおかゆをまたいだ猫 All Rights Reserved.

Page Top